医師になるには、大学を経て、国家試験を突破し、さらに研修もこなさなくてはなりません。

その先の医師仕事は別れます。「臨床医」として病院やクリニックなどで患者さんを診る場合、「産業医」として企業専属の医師となる場合、「研究医」として大学や病院などの研究機関で研究をする場合とあります。臨床医は、自分の診療科に来る患者さんに対して診断や治療を行います。

一般的な「お医者さん」のイメージでしょう。産業医は病気を診るというより、社員が健康で快適に仕事ができるように指導やアドバイスをする役目があります。健康管理や病気予防に努めるため、また社内の環境や仕事内容を把握するためにも職場を巡視しますし、健康診断や健康相談も医師仕事の一環です。臨床医とはまた違う知識が必要となるので、産業医の資格が必要です。研究には、基礎研修と臨床研究とがあり、基礎研究は動物実験などを行いながら病気の原因などを解明する研究で、患者さんと接することはありません。臨床研究は、実際に患者さんに治療しながらデータを集めたり治療法を比較検討したりします。

臨床医でも、大規模な病院と中小規模の病院やクリニックでは医師仕事は異なると思います。その地域を代表するような大規模な病院は、最後のとりでとしての役割もあります。難しい症状や治療困難と言われた患者さんたちが多いため、より専門的で高度な知識や技術が求められます。もっと症例数を増やしたい、名医と評判の高い先生のそばで学びたい、自分の専門性を高めたいという方には、大規模な病院での勤務がいいでしょう。

中小規模の病院の場合は、患者さんのかかりつけ医的な役割を持ち、人間ドックや健康診断などを行うことも多々あります。また当直などで、自分の専門分野以外の患者さんも診ることがあり、幅広い業務をこなさなければなりません。開業を目指す人や患者さんとじっくり関わりたい人に合うと思います。クリニックでも入院患者を受け入れる有床のところと無床のところ、また一般の病院と療養型の病院とでも医師仕事は違います。

自分はどんな医師仕事をしたいのか、どんな医者になりたいのか、どんな暮らしをしたいのか。それによって進むべき道は違ってくるのです。